Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mezasukai.blog.fc2.com/tb.php/15-d5b13dfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「第4の革命 エネルギーデモクラシー」

10月6日、ドイツのドキュメンタリー映画「第4の革命 エネルギーデモクラシー」をみた。
ドイツといえば、福島第1原発の事故を受け、すばやく脱原発に舵を切った国である。
世界を吃驚させたこのニュースに、肝心の日本政府が鈍感なのは、まことに残念!
ドイツでは、13万人が映画館で、またテレビではそれ以上の人々がこの作品をみて、
政策転換の流れが一気に加速したらしい。
上映後に、カール・A・フェヒナー監督は、会場からの質問に丁寧に答えて下さった。
再生可能エネルギーで電力は充分賄えるという実例を示すこの作品は、今の私たちに
大きな勇気と励ましを与えてくれる。重ねて自然エネルギーはアフリカなど未だ電気の
恩恵に浴することのない人々にも届け易い方法だと…。 ウ~ン、さすが!
限りある化石燃料(ウランだって!)の奪い合いは、悲惨な争いの原因だったのは確か。
映画のタイトルがまた心憎い。すっかり有名になった「原子力村」だが、これは何も日本に
限ったことではないようだ。スイスでは、なぜか上映禁止となり、グリーンピースがDVDを
無償配布したとの報告もある。原発は怖い、要らないと思っているだけでは駄目なのね。
ドイツの決断は、長きにわたる運動の成果だが、ネット時代の到来は、人々の手を結び
易くしている。ましてフクシマを経験した日本は、そんな長い時間を要さないと、監督の
優しい物腰の中に秘められた確かなアドバイスに、気持ちが明るくなった。

上映は、来年1月からと聞くが、きっと各地で自主上映会が企画されることだろう。

主催者からの報告は、こちら



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mezasukai.blog.fc2.com/tb.php/15-d5b13dfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

原発のない社会をめざす会

Author:原発のない社会をめざす会
我孫子市民有志の会。
会員募集中! お申込みは下記へ
nonukesabiko★yahoo.co.jp
(★を@に変えて送信して下さい)         

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。