Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『大なまず と 原発』

石橋克彦先生は、地震学者のお立場から、たびたび、原発の危険性を訴えています。
福島第一原発事故後の5月23日に、参議院行政監視委員会でも参考人として意見を
述べました。そのとき配布した資料の一部を先生のサイトから拝借しました。

                 地震とナマズ

【以下、東京新聞から】                      2011年10月13日 21時37分
石橋先生が「超巨大地震」説  南海と内陸部の連動で  
 日本周辺プレート図    
日本周辺のプレートと糸静線断層帯   

 駿河トラフや南海トラフ沿いで巨大地震が発生した場合、新潟、長野、山梨、静岡県にまたがる
「糸魚川―静岡構造線(糸静線)断層帯」まで連動する超巨大地震になる可能性があるとする説を、
神戸大の石橋克彦名誉教授(地震学)が13日、静岡市で開催中の日本地震学会で発表した。
 石橋名誉教授は「(東海、東南海、南海地震の)3連動地震より規模が大きくなる。日向灘などの
南西側だけでなく、内陸部に及ぶ超巨大地震も考えるべきだ」としている。
 石橋名誉教授は東海・東南海・南海地震について、ユーラシア大陸側から東に進む「アムール
プレート」というプレートの影響もあると指摘。          (共同)  
                                             
     
スポンサーサイト

Appendix

カレンダー

10 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

原発のない社会をめざす会

Author:原発のない社会をめざす会
我孫子市民有志の会。
会員募集中! お申込みは下記へ
nonukesabiko★yahoo.co.jp
(★を@に変えて送信して下さい)         

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。