Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK 「プロフェッショナル 仕事の流儀」 10月17日

「めざす会」のメンバー・Sさんからの情報です。

原発事故の直後から、虎の門病院・血液内科部長の谷口修一先生らが、原発作業員が、万一、仕事中に大量に被爆したときに備え、自分の造血幹細胞を採取して冷凍保存しておくことを提唱しています。通称「谷口プロジェクト」と言い、Save Fukushima 50 というホームページも作っています。

旧友がこのプロジェクを実現させようと頑張っているため、私も4月から応援してきました。その関係で、原発作業員たちが過酷な状況で働いていること、国や東電は見て見ぬふりをしていること、などがわかり、その憤りが「脱原発デモ」に参加した理由の1つでもありました。

その谷口先生が、10月17日(月)、pm10時からNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」に取り上げられる予定です。白血病治療のエキスパートとして紹介されるものと思います。「谷口プロジェクト」のことは、おそらく触れられることはないと思いますが、時間がありましたら、ぜひご覧ください。

スポンサーサイト

我孫子市消費者の会・和田さんから

千葉県消費者団体連絡協議会の講演会のお知らせです。
  ◆消費生活の安全及び向上に向けた県民提案事業・講演会◆
~放射線の人体への影響と私たちの暮らし~

日時: 10/17(月)13:30~16:00 
場所: 千葉県消費者センター・ホール(南船橋下車・10分)
講演: 「放射線の人体への影響と私たちの暮らし」
講師: 崎山 比早子氏(医学博士・元放射線医学総合研究所主任研究員)
入場:  無料 (先着 100名)
主催:  千葉県消費者団体連絡協議会・千葉県

3.11の大地震!津波!そして原発事故!!
広島原爆の168.5個分のセシウムの放出!
千葉県内の放射線量のホットスポット!食事からの内部被曝!
子ども達の未来はどうなる?心配なことが一杯です!
問題を厳しく指摘し、これからの暮らしに提言を続けていらっしゃる方の
お話を聞き、一緒に考えましょう!!


千葉県消費者団体連絡協議会は、食品の安全、環境問題、高齢社会問題等、
暮らしの安全を考えて活動しています。あなたもご一緒しませんか。

問い合わせ 和田 04-7183-1434 高橋 04-7149-0797


Appendix

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

原発のない社会をめざす会

Author:原発のない社会をめざす会
我孫子市民有志の会。
会員募集中! お申込みは下記へ
nonukesabiko★yahoo.co.jp
(★を@に変えて送信して下さい)         

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。